IC-TAG体外受精管理システム
[Stork Navigator®]


👶 Stork Navigator とは

人工授精(AIH)や体外受精(IVF)といった不妊治療の、採卵・採精から検卵・検精、培養、凍結・融解、移植のすべての処置で有効な、胚培養士の方々を強力に支援する管理システムです。

生活環境の変化と女性の晩婚化に合わせ、不妊治療も年々増え続けており、現在では5万人もの体外受精や顕微授精で誕生した子供たちが存在します(日本産科婦人科学会)。人の受精卵を扱う、増える不妊治療に対応する、医師との分業化もあり胚培養士の責任や負担も増しています。システムでは少しでも胚培養士の方の作業負担やストレスを削減することで人的ミスも削減し、治療履歴を管理することを目的に開発された、増え続ける不妊治療の効率化を図るシステムです。

システムでは凍結保存用に専用開発したIC TAG(77KTAG *)を使用します。このIC TAGは液体窒素中(-196℃)に保存できそのまま読むことが可能なため、効率よく凍結や融解時の作業ができます。

システムでは培養士の作業をタブレットで行い、その進捗状況をPCで表示できる2系統アクセスの管理システムです。そのため、処置室と診察室等の離れた場所でも最新の処置状況を確認することができます。

👶 システムの目的と特徴
 ・取違いミスや作業ミスを防止します。
 ・受精・培養の観察記録を残します。
 ・患者ごとの凍結期間を管理します。
 ・培養士の作業を最大限に支援します。
 ・凍結保存状態が分かります。
 ・個別に受精卵の経過と状況を管理します。

👶 システム概要


※ 各機能は単独での操作が可能です

👶 処置や保存などの作業時に発生する人的ミスを完全に防止

                          
作業リスト表示による確認 ⇒ いつ、なにを行うかの予定をリスト(ToDoリスト)で確認でき、そのまま作業に連携します。
培養士を支援する作業画面遷移⇒ タブレットでの人工授精や体外受精の作業登録と培養経過情報や画像の登録、結果までを簡単入力
⇒ 2次元バーコード及びIC TAGを使った患者の照合
培養士への負担を軽減 ⇒ 手書き作業やリスト管理からの解放
⇒ ダブルチェックが不要となり、レポート作成の自動化も可能
⇒ 間違いが許されない緊張と心的ストレスからの解放
凍結保存管理⇒ 患者別凍結保存場所表示や凍結期限到来によるアラート表示や延長・保留処理

👶 液体窒素中で動作可能な専用IC TAGを使用

  -196℃の使用に耐えるIC TAG 77KTAGを開発(液体窒素中でも読み取りや長期保存が可能)

👶 システム構成・機能概要

分類 内容
パソコン(Windows) 患者登録と最新情報の表示を行います
機能)
 ・採卵・採精情報の表示
 ・培養最新情報の表示
 ・凍結保存情報の表示 ※OP
 ・その他
タブレット(Windows) 処置患者の決定と判定および登録を行います
機能)
 ・精子の採取と検査結果登録
 ・卵子の採取と検査結果登録
 ・受精と培養経過と結果登録
 ・凍結・融解
ハンディターミナル 凍結・融解の作業を行います
機能)
 ・凍結と融解の作業登録
その他ハードウェア ラベルプリンタ(容器ラベルの印刷)
A4プリンタ(チェックシートの印刷)
バーコードスキャナ(タブレット作業の患者判定)
ネットワーク環境 LAN 及び 無線LAN

※77KTAGは、KRDコーポレーション株式会社の開発商品です。
※OP:オプション

PAGE TOP